GT STRUDL®

Hexagon PPM の構造解析および設計モデリング ソフトウェアは、コンクリート、鋼材、鉄筋コンクリートを構造設計する構造エンジニアリングのプロフェッショナルに使用されています。

約 40 年間、GT STRUDL® は構造設計エンジニアに完全な設計ソリューションを提供してきましたが、今回、3D CAD モデリングと 64 ビットの高性能コンピューティング ソルバがすべてのバージョンに組み込まれるようになりました。この構造解析ソフトウェアは、包括的なフレームおよび有限要素解析、鋼材および鉄筋コンクリート設計のための高品質で完全に統合されたデータベース主導型システムです。

GT STRUDL には、線形および非線形静的/動的解析などの幅広い構造エンジニアリングと有形要素解析の問題を解析するために必要なツールがすべて含まれ、他の多くのソリューションの数分の 1 の時間で正確にプロジェクトを遂行することができます。新しい CAD モデラー ユーザー インターフェースは、構造設計エンジニアが解析と設計の結果を即座に確認できる AutoCAD ベースの環境です。


信頼性の高い構造解析とエンジニアリング

無駄がない設計

無駄がない設計と安全の完全なバランスを追求します。

労力削減

複雑な 64 ビット ソルバを使用して、他のソフトウェアの数分の 1 の時間で高度な構造解析とエンジニアリングが可能です。

安全第一

安全をおろそかにするはありません。世界中の設計コードが組み込まれており、設計と解析の正確性と安全性を確保します。


GT STRUDL は、お客様の声を聞き、ニーズにあったソリューションを提供する使命を追求します。GT STRUDL 2016 は、構造設計エンジニアがエラーで時間を無駄にすることなく、安全な設計をより速く行うために使用できるツールです。

リック アレン
CADWorx & Analysis Solutions

提供される優れた機能

外部コンポーネントとの連携

CIS/2 経由でモデルをインポート/エクスポートし、豊富なデータを含む構造モデルで GT STRUDL の力を完全に活用できます。

スマートなスタート

ゼロから構築する必要はありません。事前に生成されている共通の構造解析テンプレートはコードを順守し、正確です。

検証済みの機能

350 以上の基本検証テスト問題に基づいて、計算品質と性能が検証されています。

多機能の統合型製品

汎用フレーム有形要素解析/総合構造エンジニアリング設計用の完全に統合されたデータベース主導型ソフトウェア システムです。

ユーザー ドキュメントとサポート

オンライン トレーニングとフル サポート スタッフを提供し、電話や電子メールに個別に回答します。

最適化された鋼材設計

構造設計エンジニアはスチール部材設計と国際的コード チェックを実行可能です。

直観的なベース プレート ウィザード

複雑な鋼材ベース プレート モデリング、線形および非線形解析、性能評価を実行できます。

簡単なコンクリート設計

梁、柱、一方向スラブ、せん断壁、二方向フラット スラブ プレート/フラット スラブ構造を ACI 318 に準拠して設計できます。

オフショア ジャケット/パイル解析

風荷重、周期波荷重、流水荷重、浮力荷重、進水/リフト荷重などの環境荷重を解析およびモデリングします。


GT STRUDL 製品のリソース

オペレーティング システムの互換性

注意:このオペレーティング システムの互換性の詳細は、本ソフトウェアの最新リリース バージョンに適用されます。前のバージョンのソフトウェアは、最新のオペレーティング システムで動作しない場合があります。

Microsoft® Windows®-互換

推奨システム要件:

  • プロセッサ:3.0 GHz Intel Pentium IV 以上。AMD Athlon デュアル コア プロセッサ以上
  • メモリ:2 GB RAM 以上 (Windows XP) または 4 GB RAM 以上 (Windows 7/8)
  • ディスプレイ:1280×1024 以上、True Color
  • ビデオ カード:256 MB 以上のビデオ RAM、OpenGL 1.1 以上、DirectX 9.0 以上、最新のメーカー提供ドライバーでアップデートされたドライバー(デスクトップ システムでは、マザーボード内蔵のビデオ カードは推奨されません)
複数の解析モダリティ

GTS_analysis_overview_graphic

GT STRUDL は、3D 構造の問題に対して線形および非線形静的/動的解析用の包括的なフレームおよび有限要素解析ツールを提供します。次の幅広い要素に基づいた 5 つの部材タイプと強力な有限要素ライブラリを利用できます。

  • 平面ひずみ
  • 面応力
  • 板曲げ
  • シェル
  • ソリッド要素構成式
統合型解析

エンジニアは、エンジニア アナリストの解析要件を最適に満たす様々な部材と有限要素タイプを適切に組み合わせて構造モデルを作成できます。

広く深い機能により、簡単な構造モデルから非常に複雑な構造モデルまで、幅広いプロジェクトを解析できます。プロジェクトの規模に関係なく、GT STRUDL は正確性と信頼性の高い結果を、通常は他のプログラムの数分の 1 の時間で生成します。

モデリング機能
  • 線形および非線形静的/動的解析
  • 高性能静的/動的解析式ソルバ
  • 計算収束許容値の指定機能を含む Lanczos Eigen 値ソルバ
  • スツルム列、エラー推定、2 つの正投影チェック
  • ユーザー定義の移動および回転質量
  • アクティブ/非アクティブ モードの選択
  • 応答スペクトラム解析
  • RMS、PRMS、CQC、絶対、代数、10 パーセント、二重和、およびグループ モード合成法
  • Gupta および Lindley-Yow モード合成法
  • 不足質量荷重生成
  • モーダル減衰、複合モーダル減衰、Rayleigh 減衰、減衰マトリックス、粘性ダンパー要素を含むユーザー指定の幅広い減衰プロパティ
  • 複合モーダル減衰比の計算
  • 時間履歴動的解析
  • 個別の周波数または周波数の範囲に対する最大応答高調波解析(周波数スイープ解析)
  • 安定状態動的解析
  • ユーザー制御および可変の積分時間ステップ
  • 非線形プッシュオーバー解析
  • 非線形スプリング要素、支柱および部材エンド スプリング、張力、一方向圧縮部材、大きなサグ カテナリ、放物線ケーブル
  • 非線形ファイバー要素プラスティック ヒンジおよびプラスティック ゾーン部材モデル
  • ベース分離摩擦軸受ダンパー要素
  • 構造解析データベース管理
  • 直交座標/円柱座標/球座標リファレンス フレームでの自動メッシュ生成
  • スケーラブルな問題サイズ モデリング
  • 幅広い静的/動的荷重タイプ
  • 整数および英数字の命名
  • モデル エラー検出
包括的な鋼材設計

GT STRUDL Comprehensive Steel Design

構造設計エンジニアは、1960 年代以降の様々な国際的鋼材設計コードに準拠するように、スチール部材設計とコード チェックを実行できます。これらの詳細は完全に文書化され、エンジニアはコード チェック手順の詳細を確認できます。

GT STRUDL を使用すると、次のような多数の制御オプションに基づいてスチール部材設計とコード チェック プロセスを管理できます。

  • 制御パラメータ
  • 絶対的および相対的ジオメトリ制約の仕様
  • 部材サイズ スムージング オプション
  • 自動解析および設計の繰り返し
国際的部材設計コード

約 80 の定義済み鋼材形状テーブルに加えて、カスタム形状を定義してユーザー定義テーブルに保存できます。

GT STRUDL の鋼材設計は、米国、ヨーロッパ、カナダ、英国、インドにおけるオンショア鋼材フレーム構造コードおよびアメリカ、ISO、ノルウェーにおけるオフショア ジャケット設計コードを含む国際的鋼材設計コードを提供します。

設計機能:
  • 構造用鋼材
  • 送電用鉄塔
  • オフショア ジャケット
  • I、T、チャネル、シングル/ダブル アングル、パイプ、チューブ、バー、その他
特殊鋼材機能

次のような様々な鋼材設計機能を利用できます。

  • 鋼材設計ウィザード
  • 自動解析、設計、部材スムージング
  • 絶対的および相対的ジオメトリ制約
  • 自動部材自重計算
  • 有効長係数計算
  • 部材変形チェックおよび設計
  • 資材数量レポート
  • フィレット溶接設計
  • 鋼材形状のデフォルトおよびユーザー定義テーブル
国際的設計コード

GTS_AICS_Manual

GT STRUDL の鋼材設計は、米国、ヨーロッパ、カナダ、英国、インドにおけるオンショア鋼材フレーム構造コードおよびアメリカ、ISO、ノルウェーにおけるオフショア ジャケット設計コードを含む国際的鋼材設計コードを提供します。

アメリカ鋼材設計コード

  • AISC 14th、13th、9th エディション
  • AISC ASD および LRFD
  • AISI 鋼材(UNISTRUT 形状)
  • ANSI/AISC N690 2012、2006、1994 エディション
  • ASME BPVC Subsection NF 2007 および 2004 エディション
  • ASME BPVC NF 2007、2004、1983/1985、および 1977/1979 エディション
  • ASCE Manual No. 52(鋼材伝導タワー)1st および 2nd エディション
  • ASCE/SEI 48-05(鋼ポール構造)
  • API(LRFD および WSD-20)
  • API RP 2A-WSD 21st エディション

その他の鋼材設計コード

  • Eurocode 3 (EC3) 2005 エディション
  • ISO 19902:2007(E)
  • NPD (Norwegian OPD)
  • British BS5950 2001 エディション
  • BS5950(英国 LSD)
  • BS449(英国 ASD)
  • CAN97 (カナダ)
  • Indian Standard IS800 2007(3rd エディション)
ベース プレート解析

GTS_base_plate

ベース プレート ウィザード (BPW) は、1 つ以上のアタッチメントでベアリング サーフェスにアンカーされるベース プレートのモデルを作成できるグラフィックベースのツールです。

ベース プレート解析モデルは、次の要素で構成されます。

  • プレート
  • ノッチ
  • タブ
  • アタッチメント
  • アンカー
  • スティフナー
  • ベアリング サーフェス データ
  • せん断ラグを表す境界条件
  • エッジ溶接
  • その他の関連データ

仕様:

  • プレート ディメンション、ノッチ、ホール、スキュー エッジ
  • 有限要素メッシュ サイズ
  • 以下を含むアタッチメントの位置と回転(プレート当たり最大 25 のアタッチメント):
    • AISC 幅フランジ、チューブ、パイプ、チャネル、ティー、アングル
    • ユーザー定義の形状
    • アタッチメントは面内で回転可能
    • アタッチメントは面内剛体ソリッドまたは FE メッシュ拡張としてモデリング可能
  • アンカーの位置とプロパティ
  • アンカー(最大 1,000)は、張力のみの部材を含む線形/非線形スプリングまたはフレーム部材としてモデリング可能
  • ベアリング サーフェス プロパティ
  • ベアリング サーフェスの剛性を Fc’、E、または F/L**3 として指定可能
  • プレートとベアリング サーフェスの間のギャップ
  • 長方形、台形、三角形のスティフナーが可能
  • ベアリング サーフェスまたはアンカーおよび荷重によっては設定されないモデリングの制約
  • 制約による指定ノード位置での境界条件の追加が可能
  • カットアウトによるタブ、ホール、ノッチ、斜板のモデリングが可能
  • gtbp 形式を使用してベース プレート モデルを保存および回復可能
  • 結果(アンカー力、ベアリング サーフェス圧力、プレート圧力、変位)を BPW で確認可能
CIS/2 ファイル機能

GTS_cis2

GT STRUDL は、Intergraph Smart™ 3D との双方向 CIS/2 インターフェースを備えています。エンジニアは、Smart 3D の包括的なモデリング機能と GT STRUDL の強力な構造解析および設計機能を利用できます。CIS/2 モデル データ形式を使用する他のプログラムを GT STRUDL に接続することもできます。

CIS/2 ファイルのインポート

GT STRUDL CIS/2 解析モデル データ ファイルから次の情報を読み取ることができます。

  • ジョイント/ノードの位置
  • ジョイント/ノードのサポート条件とリリース ステータス
  • 部材(ビーム要素)のインシデンス
  • 部材のプロファイルと基点
  • 部材ベータ角度
  • 部材エンド リリース(固定接続)
  • 部材の偏心
  • 荷重ケース
  • 適用ジョイント荷重
  • 適用部材荷重(集中/分散、ローカル/グローバル)
  • 荷重組み合わせ
  • 1 つの物理部材を構成する解析部材の詳細を示す「アセンブリ マップ」

CIS/2 ファイルのエクスポート

GT STRUDL は、インポート用に記載されたすべてのデータと次の解析結果を含むデータ ファイル解析モデルの CIS/2 を作成できます。

  • 支持材反力
  • ジョイント/ノードの変位
  • 材端力

CIS/2 解析モデルをエクスポートする場合は、次の要素を選択できます。

  • 単位(長さおよび力)
  • 適用荷重または結果を含めるかどうか
  • デフォルトの鋼材等級
  • 想定部材タイプ(ビーム、カラム、筋交い)
  • グローバル Y 垂直軸を Z 垂直軸に変換するかどうか
  • 解析要素を物理要素として書き込むオプション
鉄筋コンクリート設計

GTS_Reinforced_Concrete_Design

GT STRUDL を使用して、コンクリートビーム、カラム、一方向スラブ、せん断壁、二方向フラット スラブ プレート/フラット スラブ構造を ACI 318 に準拠して設計できます。GT STRUDL では、設計結果に基づいて詳細な数量の集計も実行できます。この機能により、エンジニアリングの時間を大幅に削減できます。

GT STRUDL は、ユーザー定義の仕様に基づく鉄筋の長さと配置の詳細と共に、ビーム-カラム間ジョイントの詳細を提供します。

コンクリート コンポーネント設計

  • 一方向スラブ
  • せん断壁
  • 二方向フラット スラブ

自動生成

  • 建物ジオメトリ
  • 特殊部材
  • フロア スラブ
  • 壁パネル
  • 等分布フロア荷重
  • 風荷重

出力設計

  • 断面ディメンション
  • 必要な鋼材面積
  • 鉄筋の数とサイズ
  • 鉄筋の配置
  • 間隔とカットオフ ポイント
  • スターラップ筋/リンクのサイズと間隔
  • 検証用の重要な設計モーメントおよびせん断
  • タイ/スパイラルの数、サイズ、間隔(カラム用)

特殊機能

  • 詳細なマテリアル集計
  • 梁-柱間ジョイントの詳細
  • 耐震設計と詳細
  • ユーザー指定の設計値
  • コンクリート桁定義
  • P デルタ解析
オフショア解析 & 設計

GTS_Offshore_Analysis_and_Design

GT STRUDL は、オフショア解析および設計に強力な機能を提供します。エンジニアは、統合機能セットを利用して、海上環境荷重計算、疲労寿命解析、ジャケット パイル基板解析、オフショア構造強度と性能挙動のコード チェックを実行できます。

GTSELOS

海上環境荷重の計算は、GTSELOS プログラムによって実行されます。次のような様々な専門の解析を利用できます。

  • 固定/フローティング ジャケットおよび半潜水型構造の静的/動的波浪荷重および風荷重解析
  • ジャケット進水解析。台船とジャケット両方の動作の影響を含む
  • ジャケット起立解析
  • ジャケット フローティング安定性解析

GTSELOS によって計算された海上環境荷重は、GTSTRUDL によって簡単にインポートされ、疲労寿命解析、ジャケット パイル基板解析、コード チェック手順の実行に使用されます。

疲労寿命解析

疲労寿命解析は、離散確率手法、パワー スペクトル密度手法、シンプルな決定論的手法の 3 つの方法を 1 つ以上組み合わせて実行できます。疲労寿命解析には、以下に基づく荷重依存ジョイント分類解析が含まれます。

  • API および ISO 標準
  • Kuang、Smedley、Efthymiou 式に基づく SCF 係数計算
  • ユーザー定義の S-N 疲労データ
  • Palmgren-Miner 法を適切に適用した累積損傷計算

パイル構造相互作用解析

パイル構造相互作用解析は、非線形土壌媒体に埋め込まれた非線形基板パイル部材によって支持される 3 次元構造に使用できます。上部構造は、従来の GT STRUDL 小変位線形弾性モデルによって記述されます。パイル土壌基板は、以下を含むようにモデリングできます。

  • 土壌の非線形曲がり、軸、ねじり特性
  • パイルの非弾性荷重変位特性
  • パイルの梁-柱間影響
  • パイルの最大軸荷重強度。パイル方向の周面摩擦を考慮

コード チェック

最新の API および ISO 規定に基づいて、標準管型部材の次の点をチェックできます。

  • 張力
  • 圧縮
  • 曲げ
  • 筋交いおよびコード部材間のパンチせん断
  • 水力破損
品質保証

GTS_Nuclear QA Graphic

1983 以降、GT STRUDL 品質保証および品質制御 (QA/QC) プログラムおよび手順は、業界内でも極めて厳密です。U.S. NRC の 10CFR21 および 10CFR50 付録 B 規制の該当する規定に完全に準拠します。さらに、GT STRUDL QAQC 手順は、2009 Addenda Subpart 2.7 (NQA-1a-2009) を含む ASME NQA-1-2008 に完全に準拠しています。

包括的 QA/QC プログラム

QA/QC プログラムおよび手順は、定期的に毎年複数回原子力業界コーポレート ライセンシーの独立監査人によって監査されています。Nuclear Procurement Issues Committee (NUPIC) および Nuclear Industry Assessment Committee (NIAC) の代表監査人が 3 年に一度監査を実行しています。GT STRUDL の新しいバージョンはそれぞれ、正当性と有効性を徹底的に検証 (V&V) するために、約 5,000 の V&V テスト問題で計算の品質と性能がテストされています。

QA/QC 手順と高度な線形およひ非線形解析機能、計算速度、鋼材および鉄筋コンクリート設計、包括的で詳細なユーザー ドキュメント一式、および技術サポート サービスを組み合わせた GT STRUDL は、プロセス、電力、海洋などの世界中の総合構造エンジニアリング業界で最適に使用できます。


GT STRUDL Structural Analysis and Design Modeling

GT STRUDL is one of the most widely used, fully integrated, and adaptable structural analysis solutions in the world. Get the brochure!

ユーザーグループに参加する

GT STRUDL®
GT STRUDL TUFグループは、強力な構造解析と設計モデリングソフトウェアを提供します。

GT STRUDL

Interested in seeing how Hexagon PPM solutions work? Try out our industry-leading software and see for yourself how the products can increase your productivity. Enjoy your own “hands-on” introduction to PPM’s powerful applications. Watch the Demo today!

イベント
RSS