Intergraph Smart® Interop Publisher

Intergraph Smart® Interop Publisher(INTP)は、SmartPlant Review、Intergraph Smart® 3D、SmartPlant Foundation、Intergraph  Smart Construction の各アプリケーションで表示および使用できる様々な 3D モデルとデータ形式(グラフィック、オブジェクト プロパティなど)を処理する単一のソリューションです。

実績ある技術に基づいて構築されている INTP は、PDS®、PDMS、PlantSpace、MicroStation、AutoCAD、CADWorx®、CAESAR II®、SAT、IFC、XMpLant、i-model、複数の Smart 3D などの各種ソースから複数の 3D モデルを迅速かつ効果的に統合することで、プロジェクト構成を簡素化します。ソース モデルのグラフィックとオブジェクトのプロパティ ファイルは、共通のグラフィック形式とデータ形式にマップされます。サポートされているソース モデル形式の一覧については、ここをクリックしてください。

(注意:SmartPlant Foundation と Smart Construction にパブリッシュするには、追加のアドオン モジュールが必要です。)


Intergraph Smart Interop Publisher を使う理由

統合の強化

SmartPlant Enterprise との統合が強化されたため、複雑なジョイント ベンチャーでも、低速なネットワークやファイアウォールを使用している場合でも、Intergraph Smart 3D、Smart Construction、SmartPlant Review との相互運用性が最適化されます。

生産性の向上

Hexagon PPM 形式でも、PDMS や XMpLant などの非 PPM 形式でも、幅広いデータセットを操作する機能が提供されます。

パフォーマンスの最適化

新しい SPIOP MCAD アドオン モジュールは、Smart 3D、Smart Construction、および SmartPlant Review のパフォーマンスを最適化します。ネイティブなメカニカル CAD フォーマットを読み取り、自動単純化・デフィーチャリング オプションを提供します


Smart Interop Publisher は、これまで参照ファイルの操作にかかっていた管理費を 50% 削減しました。

Scott Hendrickson
Burns & McDonnell、エナジー グローバル ビジネス、プロジェクト サービス マネージャ

提供される優れた機能

ファイル配布のスケジュール

プロジェクト ファイル セットを個別に、またはバッチ モードで配布できます。ファイル セットはインタラクティブに配布することも、一定の間隔で配布するようにスケジュールすることもできます。

リソースの節約

配布するデータベース ファイルを選択できます。不要なファイルが配布されなくなるため、システム リソースが節約されます。

ログファイルの作成

ログファイルにはデバッグ メッセージが含まれ、処理された操作がリストされます。各アクションが実行された日時も含まれているため、操作や実行日時を簡単に追跡できます。

パブリッシュの前にプロジェクトをシャットダウン

[シャットダウン] チェックボックスをオンにすると、ローカル コンピュータまたは配布リストで指定されている任意のコンピュータで、パブリケーションに選択されているプロジェクトを使用している SmartPlant Review プログラムがシャットダウンされます。


関連リソース

サポートされている形式

Intergraph Smart Interop Publisher(INTP)を使用すると、次に示すような幅広いデータ ソースのファイル タイプを操作できます。お使いのオーサリング ツールが次のような業界標準のグラフィックおよびデータ形式を出力できる場合、または Intergraph の汎用 DGN/DRV 形式にデータをエクスポートできる場合は、INTP でソース ファイルを変換できます。幅広いデータ ソースに対応するため、INTP は様々な汎用形式をサポートしています。このため、汎用形式を使用する他のシステムや企業も INTP でファイルを変換できます。

備考

  • Smart 3D アプリケーションで全データ形式を変換して参照するには、INTP のライセンスが必要です。
  • レーザー スキャン アプリケーションで、SmartPlant Review 内部にレーザー データを表示するには、SmartPlant Review Point Cloud モジュールが必要です。
  • ACIS ファイルおよび IGES ファイルの場合、変換中に INTP によって生成される DRV ファイルと MDB2 ファイルは、ラベル データが空の状態で作成されます。これは、タグ データを含まない MicroStation V7 DGN ファイルの場合も同様です。
  • Smart 3D アプリケーションで外部またはサードパーティの全データ形式を変換して参照するには、INTP のライセンスが必要です。
  • SmartPlant Review アプリケーションと Smart 3D アプリケーションでレーザー データを表示するには、どちらの場合も Leica、Z+F、または Quantapoint のライセンスが必要です。
ビジネス ケース向けのソリューション

Intergraph Smart Interop Publisher には、次のようなビジネス ケース向けのソリューションが用意されています。

  • Hexagon PPM 形式でも、PDMS や XMpLant などの非 PPM 形式でも、幅広いデータセットを操作する機能が提供されます。
    • PDMS や XMpLant などの他の形式のモデル データは、SmartPlant Enterprise アプリケーションで認識される形式に変換できます。したがって、1 つのプロジェクトで、多様なツールを使用できます。
  • 非接続のワークシェアをサポート
    • データはソース サイトではファイルに変換され、ターゲット サイトでは参照としてアタッチされるため、データベース間のライブ接続は必要ありません。スマート モデルが定期的にパブリッシュおよび更新されるため、複数のパートナーが 1 つのジョイント ベンチャー プロジェクトに参加できます。
  • ジョイント ベンチャー プロジェクトのセキュリティを強化
    • ネットワーク接続は必要ありません。変換されたファイルは、適切なメカニズムを使用して転送できます。
  • 知的財産の保護
    • プラントやオブジェクトのプロパティの中から、共有するモデル データに含める/除外する部分を指定してフィルタすることで、パートナーや下請業者と必要な情報だけを共有できます。
  • 並列設計による生産性の向上
    • プロジェクトに同じユニットが数多く含まれる場合は、そのユニットを 1 つだけモデル化して変換します。これで、変換されたユニットを必要な位置に繰り返しアタッチできます。
  • 建設プロジェクトおよびアズビルド プロジェクトでレーザー スキャンの調査データを活用
    • SmartPlant Enterprise アプリケーションでレーザー データを表示する際に、変換された 3D モデルを表示できます。

Learn more about Interoperability – Intergraph Smart Interop Publisher

Learn how Hexagon PPM's Interoperability solution between design tools enables improved communication to deliver on time and on budget. 

3D Interop In Smart 3D Integrate Intelligent Data
This webinar will introduce you to 3D Interop, formerly known as Reference 3D (R3D). It will provide an overview of the underlying technology, the basic workflows supported, and the set of powerful new features included in the upcoming Smart 3D 2011 R1 release.

Interoperability Summary: Leveraging 3D Designs & Data

Referencing and Converting Existing External Data to and from Multiple Formats in Engineering and Construction Projects