医薬品

製薬、ライフサイエンスプラントの設計、建設、運転

badge.CaseStudy
Case Study - GSK Pharmaceutical
グラクソ・スミスクライン、インテリジェントデータのパワーを活用して時間を短縮

アイルランドの製薬会社グラクソ・スミスクラインGSK)は、喘息、ウイルス、感染症、精神疾患、糖尿病、消化器の症状を治療する医薬品を製造しています。 GSKは、SmartPlant® Enterpriseを使用して、GSK Corkの自動製造施設での設計および運転コストを削減しています。

詳細を見る
badge.CaseStudy
Case Study - Ph Marson
Marson 3D Innovative、ブラウンフィールドプロジェクトをCADWorx®で加速

Marson 3D Innovativeは、3D設計とレーザー測量に特化したイタリアのエンジニアリング会社です。 同社の顧客であるIsagroは、既存施設内に極低温プラントを建設する必要がありました。 そのために、Isagroは新しい極低温プラントの建設を容易にするために既存施設の新たな3Dモデルを必要としました。

詳細を見る

医薬品の開発には何年もそして何百万ドルもかかります。製薬会社は、Hexagon PPMのソリューションにより連邦規制を遵守し、新しい製品をより早く市場に投入し、プラントの停止をなくすための重要な情報をコントロールすることができます。

これらのソリューションは、日々のプラント運転における規制遵守を実証するために必要な重要な情報を管理することができ、プラントライフサイクル全体にわたり時間を節約し、コストを削減するのに役立ちます。

製薬のワークプロセスにHexagon PPM ソリューションを実装する方法をご覧ください。 


あらゆる段階において

3D設計とビジュアライゼーション

ヘルスケアや医療の産業がコミュニティの健康への改善の要求により拡大するように、新薬の提供による医薬品産業の前進とともに、Hexagon PPMのプラント設計と視覚化のアプリケーションは、プラントの基本設計から詳細設計、建設、さらには運転や保全に至るまで、医薬品産業のプロジェクト遂行のキーとなる局面をサポートし続けています。医薬品プラントの設計や建設を手掛けるJacobsやProject Management Groupを含む世界的なリーディングEPC企業、同様にBayer や Eli Lillyなどの製薬会社は、過去20年以上、主要な医薬品プロジェクトにインターグラフのプラント設計ソフトウェアを選択してきました。

解析

高付加価値の製薬設備は、非常に厳しい基準を要求します、そしてHexagon PPM解析ソリューションが、より安全で、そしてより信頼性が高い設備の設計をサポートします。例えば、しばしば狭い空間に設置される、これらの設備に多いクリーンルーム(CIP)設計のチャレンジは、長期の停止を引き起こす機械の故障原因の配管応力を解析することです。PPMのソリューションは、システムの故障を引き起こす基準以下の設計を排除し、そして費用がかかる停止を防ぎ、オーナーオペレータに長期にわたる利益を提供します。

設備ライフサイクル情報管理

新製品のプラントは、限られた製品のパテントの有効期間を活かすために市場に迅速に投入されなければなりません。変わり続けるプラントの特性の定義、記録、監査は挑戦かもしれません。既定や品質の規則に従って、変化のインパクトの分析や管理が実行されなければなりません。これらの全ては、大きなプロジェクトが提供するグローバルな市場において、早くて効果的なだけではなく、完璧に達成されなければなりません。これはHexagon PPMが世界中の顧客とともにリードしてきた、大きな情報管理の挑戦です。

エンジニアリングとスケマティックス

医薬品のプロジェクトは、多くの場合、特許の窓が小さく高い投資であることから、急を要するモードで遂行されます。オーナー企業はしばしば変化のリスクを伴うプロジェクトの開始を強いられます。 SmartPlant® Engineering & Schematicsソリューションは、急を要する高品質な設計と認可と承認の支援を提供します。

規則と統合にサポートされ、ソリューションは認可のプロセスの能率を上げる高品質な設計を提供します。 さらに変更は、容易かつ素早く、プロジェクトを通じた一貫性を持ちながら実行されます。繰り返しますが、リレーションシップとルールのサポートによるものです。

急を要するプロジェクトでは、プラントはプレハブユニットの組み立てで作られますが、統一した設計に対して、SmartPlant Engineering&Schematicsがその管理と統合とを可能にしています。運転の期間中、エンジニアリングのツールは、FDAの検査、CFR21 Part11のためのデータのサポート、プラントの再構成の能力、また新製品のキャンペーンに対するプラントの再構成のための履歴の保管をする必要があります。

調達、製作、建設

典型的な新規の医薬品設備または増設では、10~15パーセントがエンジニアリング費用、50~60パーセントが資材に関係します。効果のない資材管理による余剰がたった5パーセントであるとしても、平均的な主要プロジェクトでは数百万ドルの損失になりえるのは明らかです。絶え間ないプロジェクトのパフォーマンスと管理なしでは、スケジュールの遅れを防ぐために適切な行動をするのは困難です。これらの遅延は、それが医薬品の設備のオーナー企業が製品を製造・販売する能力に影響が及ぶ場合、しばしば高いコストとなりえます。プロジェクトのライフサイクルのあらゆる局面で、統合された環境での、これらの複雑なビジネスプロセスの効果的な管理は肝要です。