シチュエーションアウェアネス

運転ダッシュボードを使用してコンテキスト内のデータを取得します。

作業員が現場にいるとき、作業員は仕事を安全に完了するために必要な全体像を把握していますか?それとも全体像を構成する情報の断片しか得られないのでしょうか? 貴重な情報が散在していると全体像を把握することが困難になり、データに基づく洞察が得られない場合があります。 その結果、推測が行われ、誤った判断やリスクの危険性が生じます。

運転とメンテナンスにおいて、データは互いに通信できないさまざまなシステムのサイロに格納される傾向があり、データの可視性が低下します。 その結果、企業は収益の少なくとも30%を失っているとOvum Researchは報告しています。 運転ダッシュボードを介して状況認識の全体像を提供できるのに、作業員に断片的な情報しか提供しないのはなぜでしょうか?

シチュエーションアウェアネスを活用すれば以下のような点が可視化されます

  • 何が(起きたのか)
  • 何が起こっているのか(リアルタイム)
  • 何ができるか(シミュレーション)
  • 何をすべきか(最適化)
  • どうなるのか(自律)

HexagonのPPM部門のシチュエーションアウェアネスは自信をもって適切な意思決定ができるようデータを視覚的に提供します。

安全な職場

運用コストの削減

労働生産性の向上