原子力・発電

原子力と従来型発電所の設計、建設、運転

badge.CaseStudy
Case Study - Po Buran EMIA
AES-Buran、Hexagon PPMエキスパートチームを創設

AES-Buranは、東南アジアの原子力部門でエンジニアリングサービスを開発し、実行するための専門家グループを設けることにしました。 これは、原子力発電所ユニットのためのHexagon PPM設計技術を実装し、従業員がPPMソリューションで作業するように訓練するシステムインテグレーターであるBureau ESGと提携するきっかけとなりました。

詳細を見る

Hexagon PPMは、商用および住宅用の発電に関わる原子力、化石、ガス、および水力発電所の完全なライフサイクルに取り組んでいます。

プラントに関する情報を理解することで、プラントの効率を向上させ、運用コストを削減し、安全性を高め、投資収益率を最大化することができます。 新しい発電所の設計および建設からプラント運転、監視および保守まで、オーナーは統合管理された設備情報を利用することができます。

Hexagon PPMは、電力業界の活動と課題に取り組む様々なアプリケーションを提供します。

  • 原子力
  • 化石
  • コンバインドサイクルガスタービン
  • 環境アップグレード/寿命延長
  • 新規建設
  • 再生可能エネルギー
  • ブラウンフィールド
  • 廃止措置
  • 処分

あらゆる段階において

構成管理

潜在的なシャットダウンを回避するためにプラントの構成、運転範囲、ライセンス基準が失われないようにすることは、Hexagon PPMソリューションが取り組む重要な情報および構成管理の問題です。 多くの世界の大手商用原子炉ベンダー、機器のサプライヤー、およびユーティリティ顧客によるCMIS(構成管理情報システム)およびPIM(プラント情報モデル)イニシアチブは、現在、これらの技術を使用しています。

PPM CMISポートフォリオは次のとおりです。

  • 要件管理とトレーサビリティ
  • 設計とライセンス基準
  • 文書の管理と制御
  • エンジニアリング図面/文書
  • ベンダーの文書
  • 伝達とコメント/回答
  • 変更管理
  • 設計変更パッケージ環境
  • 変更の影響の分析
  • データ/文書認証
  • プロジェクト構成管理
  • タグ – 設備 - モデルの関係
  • 引き渡し前の保守と修正措置
  • ITAAC、試運転および試験
  • レコード管理
既存施設

多くの問題やイベントにより、既存のプラントデータと文書を取り込む必要が生じます。

  • プラントインフラの老朽化
  • 保守の方針の変更
  • 寿命の延長
  • 法規制の順守
  • 安全性への懸念
  • プラント担当者の変更

Hexagon PPMは、文書、タグなどの間の関係を可能にする、構造化されていない大規模な環境から構造化された一連の機能に移行する移行機会を利用してプラントの文書化環境を再構築する際の課題と問題を十分理解しています。

SmartPlant Fusionは、既存のプラントITインフラストラクチャと連携して、プラントの文書化のソースを明確にします。 「クローラー」技術を使用することにより、重複やコピーが明らかになり、構造化された環境を確立する際の品質プロセスを開始します。 紙の書類しかない場合は、スキャンするなどいくつか方法があります。

3D設計とビジュアライゼーション
工場や家庭向けの電気の供給は、世界的に新規発電プラントに対して、主要な投資をもたらし、発電能力を向上するよう期待が大きくなってきています。SmartPlant® 3Dのマルチ・ディシプリンなプラント・モデリング環境は、Candu Energy、Westinghouse、Siemens、General Electric、Hitachi のような主要な原子炉サプライヤによって設計された最新世代の原子炉の設計に使用されるだけでなく、従来の発電プラント設計や建設に理想的に適しています。 
解析
発電においては、火力発電、水力発電、原子力発電など発電の燃料源に関わらず、プラント設計およびエンジニアリング ライフサイクル プロセスの各フェーズでHexagon PPMソリューションが使用されます。 Hexagon PPMの解析ソリューションは、原子力発電所やその他の発電施設に必要な多世代型設備投資のリスクを軽減するのに役立ちます。
 
これらのソリューションは、高度な統合レベルとより完全で正確な成果物を組み合わせることで、設備がより早く、高い信頼性を持つことができる設計プロセスを支援します。
 
設備ライフサイクル情報管理

プラント情報管理システム(IMS)は、始動からライフサイクル全体にわたる発電所の運転のためのIMSとして存在します。 これは、検証されたプラント設計およびライセンスベース情報のマスターレポジトリとして機能し、プラントの作業管理システムに起因する作業の計画および実行に必要な技術文書および設計データを保持します。 また、サイトのレコード管理システムに配置するための正式な「レコード」成果物(電子署名またはエンジニアのシール付きPDFファイルなど)に変換される主要な技術情報およびライセンス情報の元のソース文書フォーマットのレポジトリとしても機能します。 

エンジニアリングとスケマティックス

SmartPlant Engineering&Schematicsは、電力業界のための証明され完全にフィットするソリューションです。 Hexagon PPMは、設計が安全基準に従っていることを保証するために、ルールベースの設計を提供します。 SmartPlant Engineering & Schematicsソリューションは、サブステーション、蒸気発生器、ディストリビューション、そして発電サイド等、多くのシステムで使用されています。計装・電気のタスクは、プラントの安全で効率的な運転、そして電源の分配を管理します。物理的な3Dモデリングと関連して、Hexagon PPMは、マーケットに最適な発電設計ソリューションを提供しています。

調達、製作、建設

典型的な新規発所または拡張工事のために、全コストの10~15%はエンジニアリング設計、そして全コストの50~60%は資材に関係しています。効率的でない資材管理により発生した余剰資材が、それが例え5%であったとしても、平均的な主要プロジェクトでは、何百万ドルもの損失をもたらすことは明白です。継続的な管理とプロジェクト実績なしで、スケジュール遅延を防ぐために適切な是正措置をとることは困難です。これらの遅延が、発電そして売電するための発電所オーナーの能力に影響を及ぼす場合、よりコスト支出が発生することになります。効果的にプロジェクトのライフサイクルの全てのフェーズを通じて、統合化された環境で複雑なビジネスプロセスを管理することは、極めて重要です。