デジタル製作

製作プロセスの透明でリアルタイムのビューを通して、エンジニアリングから建設までデジタルチェーンを継続します。

技術は私たちの日常生活のあらゆる面を大幅に容易にしました。 カレンダー通知、リマインダ、ニュースアラート、トラフィック予測 - 私たちの端末は、毎日のあらゆるステップを通してアドバイスを与えます。 追跡の進歩は購買行動も追跡可能です。 チェックアウトから領収書、配達まで - あらゆる段階で更新されます。

では、なぜ製作工場は同じような可視性を持つことができないのでしょう?

なぜPDFとスプレッドシートが最も重要な成果物であるという前提の下でエンジニアリングが機能するのでしょうか? 建設現場の作業員が正しいスプールを見つけるために検索する必要があるのはなぜでしょう?

製作は重要なプロセスであり、見落とされがちなステップです。デジタル情報を有効に活用することで、このステップはエンジニアリングと建設プロセスの両方に影響を与えるでしょう。デジタル情報の効率的な活用による大幅な効率の向上を目指すこの戦略を採用した企業は、完全な透明性を獲得する機会が得られます。 この知識は、既存のデータの継続的な使用に基づいているため、引継ぎを減らすだけでなく、プロジェクトとそのデータの実際の状況に関する新たな洞察により効率的なプロジェクト管理も可能にします。

 

イベント
RSS