コネクテッドワーカー

作業員を情報と結びつけることにより労働力の有効性を向上させ、作業員がより早くより良い判断を下せるようにします。



ピュー・リサーチ・センターによる米国における調査によると、2018年には成人の77%がスマートフォンを所有しています。 つまり、第一線にいる作業員の77%がインターネット上のあらゆる情報にアクセスできるということです。

作業員が自分の仕事をタイムリーかつ効果的に行うために必要な情報にアクセスするのにどれくらいの時間がかかるでしょうか。コネクテッドワーカーの戦略がなければ、現場の作業員は他の作業から切り離されているように感じるかもしれません。

コネクテッドワーカーの戦略を通じて現場の作業員に権限を与え、メンテナンス、検査、運転プロセスの一環として作業の実行方法を改善します。コネクテッドワーカーにより、彼らを孤立から救いコンプライアンスと安全性を高めます。

Hexagonのコネクテッドワーカー戦略は、データを保存したり複製することなく、プラントで使用されているさまざまな情報システムに現場の作業員を結びつけるための統合されたビューを提供します。 これにより、コネクテッドワーカーは日常的なプロセスを効率的に実行し、オペレータの生産性を向上させ、OPEXを削減することができます。


コネクテッドワーカーは設備のバックアップを持ち、予定外のダウンタイムの後でも迅速かつ安全に運転できます。

通知する

作業者に迅速にイベントを通知します。

接続する

他のリソースと簡単に接続できます。

対応する

適切なツールと情報で迅速に対応できます。


なぜ効果があるのか?

アクセス

すべてのデータへのリアルタイムアクセスにより、よりスマートで速い決断をサポートします。

ツールタイム

ツールタイムを増やすことにより生産性を向上させます。

データ

紙のプロセスを排除し、データ収集とビジネスワークフローを最適化します。


具体的な成果

コストの削減

7〜8%の潜在的なOPEXコストの削減を実現し、ダウンタイムと人件費を削減することで収益を改善します。

時間の短縮

付加価値のないタスクに費やされる時間を15%削減し、ツールタイムを増やし手戻りをなくし迅速に対応します。