信頼できるスタートアップ

プロジェクトパフォーマンスが十分でない現状に取り組み、完了の遅れを改善し、混乱を軽減しスタートアップを確実にします。

Hexagon PPMは、プロジェクトパフォーマンスが不十分な現状に取り組み、完了の遅延、異なる運転への引き継ぎ、スケジュールの遅れに対する負担、可視性の欠如、そして混乱とスタートアップの遅れへの懸念を軽減するための「信頼できるスタートアップ」方法論を導入しました。

すべての検査のチェックリスト、テスト手順、RFI、パンチリスト、現場の測量などの単一のリポジトリは、プロジェクトの後半の段階でアズビルトの試運転制御コンソールとして機能します。

作業員はデジタル化された現場で効率的に仕事をすることができ、機器を検査しながらエンジニアリング情報を検証することができます。 これにより、コミュニケーションの障壁は排除され、請負業者に明確な目標が提供されます。 運転段階の前の機器の完全なデジタル履歴は、コンプライアンスを保証し、引き渡し日における設備の効率的な減価償却と管理を改善します。

最近のプロジェクトは非常に複雑です。 エンジニアリング設計システムは、複雑な設計、世界中に分散したエンジニアリングワークシェアセンター、複数の製作ヤード、何百ものサプライヤ、そして何千もの建設作業員をサポートするように設計されています。

多くの利害関係者は、優先順位、課題、推進理由が異なり、プロジェクトは複雑です。 しかし、Hexagon PPMでは、包括的な統合プロジェクトデリバリーエコシステムが複雑な問題を取り除くことができると考えています。 エンジニアリング、調達、建設の優先順位にかかわらず、最終的な目標は施設の立ち上げです。

Hexagon PPMの他のプロジェクトデリバリーシステムと合わせてこのスタートアップ方法論を採用することで、ライフサイクル全体を通して情報を活用して、次のようなプロジェクトの試運転とスタートアップの成果にデータ駆動型エコシステムをもたらします。

  1. プロジェクトチームにおける方向性の一致
  2. 可視化をもたらす - 言い訳を排除し説明責任を明確にする
  3. 権限を付与する
    1. 正しい情報を入手する
      1. 適切な人
      2. 正しい形式
      3. 適切な時
      4. 継続的に改善するためのベンチマーク
  4. 意思決定やプロセスを支援するために必要な情報を提供します

Hexagon PPMは、すべての複雑な構造や施設を視覚化、構築、管理するために、構造化されていない情報をスマートなデジタル設備に変換し、ライフサイクル全体を通して安全で効率的な運用を保証することを支援します。 弊社のお客様は長い間、世界中で弊社の包括的なソリューションを使ってOPEXとCAPEXの恩恵を享受しています。 


Hexagon PPMの信頼できるスタートアップが以下を促進します

コラボレーション

モビリティ

拡張性


具体的な成果

CAPEXコストを1%削減

ターンオーバー/ハンドオーバーのコンパイル時間を98%短縮

管理コストを45〜50%節約

運転のためのリクエスト(RFO)の工数を10〜20%削減

実行設定コストを70%削減

フィールドスピンタイムを30%短縮