化学プラントの設計、建設、運転

badge.CaseStudy
Case Study - Ch ProfertilPlant
Profertil、プラント作業者のアクセスを向上させるためにSmartPlant® Enterprise for Owner Operatorsへアップグレード

過去10年間のアルゼンチンにおけるProfertilの肥料プラントの成長と、プラントの安全性と効率のさらなる向上という目標のため、同社はSmartPlant® FoundationからSmartPlant Enterprise for Owner Operators (SPO)に移行することを選択しました。

詳細を見る

化学産業にとって、今日の課題は、市場における持続可能性です。つまり、業務の効率が不可欠です。 主要な企業はHexagon PPM化学プラントの設計、建設、保守のソリューションを通じて、プラントの設計と建設をより効率的に実施することができます。 これは、製品化までの時間短縮とサプライチェーンの最適化に貢献します。 化学プラントオーナーは、化学製品をより迅速に生成または処理するために貴重な情報資産を管理することができます。 オーナーは、プラントを建設して計画通りに稼動させることができます。


あらゆる段階において

3D設計とビジュアライゼーション

全ての産業をとりまく、製品の製造に使用される化学物質や原材料の容量を拡大するという、グローバルで容赦ない要求は、世界中でより大規模で複雑な化学プラントの設計と建設が必要であることにつながります。より速くオンラインで新しいプラントを起ち上げる重要性は、設計の完全性、イノベーション、品質のレベルを拡大するなかで、プロジェクトのスケジュールの短縮を絶えず求められるプラントのオーナー、エンジニアリング企業の両者にとって、大きな挑戦です。

25年以上にわたる化学業界への3Dプラント設計ソリューションのリーディング サプライヤとして、Hexagon PPMの最新3Dモデリングと視覚化のアプリケーションは、プラントの概念設計から、詳細設計と建設、プラントの運転と保全に至るまで、化学業界におけるプロジェクトの遂行のキーとなるあらゆる局面をサポートし続けます。Dow ChemicalsやBASFのように、世界的に業界をリードする企業は、EPC企業とともに化学プラントの設計と建設に直接かかわりながら、過去20年にわたり主要な化学プラントのインストレーションにHexagon PPMのプラント設計ソフトウェアを使用してきました。

解析

化学製品の施設は、従業員、近隣のコミュニティ、環境を保護するために設定されている厳しい規格とコードの全てに対応しつつ、極めて高い圧力や様々な温度の、揮発性のある危険な製品と原料を処理、格納、輸送します。

化学製品の市場のため、Hexagon PPMの解析ソリューションは、最新のグローバルな設計コードと規格を用いることにより、規格違反、コスト増、時には危険なシステム上の失敗につながりうる規格以下の設計の防止を助け、これらのリスクを軽減させます。これらのコードと規格を用いて、Hexagon PPMのCAESARⅡ®は、化学プラントその他の施設における配管設計システムと関連する応力解析を自動化します。Hexagon PPMのPV Elite®は、 高温と圧力にさらされる機器や熱交換機の解析と設計を自動化します。Hexagon PPMのTANK®は、最新の工業規格とコードに従って、石油と石油製品の貯蔵タンクを解析、設計が行えます。

設備ライフサイクル情報管理

“セント・パー・ポンド”が、製品の成功と失敗の違いを分けるような競争の激しい産業にとって、決断を支援する信頼性のある情報への早いアクセスは、非常に重要な決定要因となります。Dow Chemicalsのような企業で運用されているHexagon PPMの技術情報管理製品は、エンジニアリングの管理、運転の支援機能の両方で重要な役割を果たしています。変更管理に加え、データやドキュメントへの直接のアクセスは、エンジニアリング、保全、また、市場の需要に合わせた生産率を維持しつつ、トラブル対応のオペレーションや予期できない中断への最短の対応をすることを可能にします。

エンジニアリングとスケマティックス

化学業界は、非常に大きな競争のプレッシャーを感じています。さらには素材製品の市場の需要に依存しています。エンジニアリングと設計のソリューションは、成功をおさめるプロジェクトの遂行、市場の要求に合わせるプロセスやバッチ キャンペーンなどの変化への柔軟性、プラントの運転や保全におけるリスクや運用コストの低減、これらを支援する必要があります。

調達、製作、建設

典型的な新規の化学設備では、10-15%がエンジニアリング費用、50-60%が資材に関係します。効果のない資材管理による余剰が5%のレベルであるとしても、平均的な主要プロジェクトでは数百万ドルの損失になりえるのは明らかです。絶え間ないプロジェクトのパフォーマンスと管理なしでは、スケジュールの遅れを防ぐために適切な行動をするのは困難です。これらの遅延は、それがオーナー企業の製品を製造・販売する能力に影響が及ぶ場合、しばしば高いコストとなります。プロジェクトのライフサイクルのあらゆる局面で、統合された環境でのこれらの複雑なビジネスプロセスの効果的な管理は重要です。


Insightマガジン:SmartPlant Foundationスポットライト

Insightマガジンの特集「SmartPlant Foundationスポットライト」で、IBERDROLA、Fabricom Suez、Neste Oil、PBMR、SNC-Lavalin Nuclear、PTTEP、SCG Chemical Group、Murray&Roberts、Grenland Group、Linde Engineering、サムスン重工業、Worley Parsonsの事例をご紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

ChematurはIntergraph Smart 3Dを活用

Chematur EngineeringがSmartPlant 3Dを使用してどのようにグローバルワークシェアリングと生産性を向上させているかご覧ください。

Related Resources
イベント
RSS