POSC/Caesar、ISO 15926、および Fiatech

Hexagon PPMはPOSC / Caesarのアクティブメンバーであり、1997年に初めてPOSC / Caesarデータウェアハウスを提供しました。 POSC / CaesarはISO 15926規格「石油・ガス生産設備を含むプロセスプラントのライフサイクルデータ統合規格」の開発を開始し、PPMとそのSmartPlant®Enterprise統合ソリューションはISO 15926をサポートしています。 基盤となるSmartPlant Foundationデータモデルは、ジョイント以降、ISO 15926 Part 2と共通の基盤を共有しており、この規格の継続的開発が反映されるように進化してきました。 POSC/Caesar の詳細については、こちらをご覧ください。また、ISO15926 の詳細については、こちらをご覧ください。

Hexagon PPM は、資本設備関係者のグローバルコミュニティである Fiatech の支援の下、ISO 15926 実装における業界共同イニシアチブに関与しています。この Fiatech では資本設備関係者が協力し、テクノロジーと革新的な手法を推し進めることで、生産性と効率性の改善を推進しています。 こうしたイニシアチブにはベンダー間で共通の Proteus および iRing イニシアチブが含まれており、PPM の社員の 1 人が、Fiatech の Superior Technical Achievement Award (STAR) を受賞しました。

IM ツールでの ISO 15926 サポートのほか、SmartPlant Interop Publisher を使用すると、ISO15926 ファイルを読み取って、3D ツールで使用できるように 3D 形式に変換できます。また、SmartPlant P&ID では、P&ID データが ISO15926 準拠の .xml ファイルに保存されます。