CFIHOS

CFIHOS は USPI-NL の新たな標準で、石油・ガス、プロセス・化学、電力、パルプ、紙、食品および飲料などの産業プロセス設備を運営、維持、および変更するために、オーナーオペレーターが必要とする情報が指定されます。 仕様はバリューチェーン全体に適用され、これには規制当局の要件を満たすうえで必要な情報が含まれています。 このように、CFIHOS は、業界全体の情報要件を標準化するための優れたプラットフォームを提供することで、ハンドオーバーの不確実性とコストを削減し、プロセス運用のライセンスを簡素化するほか、設備ライフサイクルの運用および保守フェーズ中の相互運用性と作業プロセスの効率化をサポートするための基盤を提供します。 CFIHOS ハンドオーバーの仕様をこちらからダウンロードするか、CFIHOS の詳細をご確認ください。

CFIHOS プロジェクトは、Shell によって開発されたエンジニアリング情報仕様 (EIS) に基づいています。Shell はこの仕様を約 8 年間使用して、契約者から渡される必要がある情報を指定し、その資産ライフサイクル管理システムに設定してきました。 この統合 Shell EIS 仕様は、多くの Shell 設備の SmartPlant Foundation の Shell 実装に既に含まれています。

CIFHOS は ISO 15926 の実用的な実装で、ISO 15926-10X 規格の一部として組み込まれます。 Hexagon PPM は CFIHOS のメンバーで、積極的に参加しています。 PPM は他のソフトウェアベンダーとともにイニシアチブをリードして、仕様のソフトウェアコンプライアンス基準を定義しています。CFIHOS 基準はまだ開発中ですが、Hexagon PPM では、この基準が、ライフサイクル資産管理の基準情報要件を定義するための実用的基盤を提供するものと考えています。
この基準は、製品の新しい Smart Digital Asset ポートフォリオで採用されています。